月極蘭子のいちばん長い日 レビュー・評価・感想

公開日: : 最終更新日:2014/02/03 アクション ,

PS3専用ソフト、月極蘭子のいちばん長い日のレビュー・評価・感想まとめです。

作品概要

SHORT PEACEと呼ばれる二本をテーマとしたオムニバス形式のアニメーション映像作品集、その中の5作目となる作品がこの月極蘭子のいちばん長い日です。

他4作品は全て映像作品ですが、本作はバンダイナムコからゲームとして発売されています。
販売こそバンナムですが、ゲームの開発はTOKYO JUNGLEで知られるクリスピーズ、コンセプト・シナリオはグラスホッパーの須田剛一氏が手掛けています。
日本中の月極駐車場を支配する月極財閥の令嬢 兼、ヒットマンである月極蘭子を操作するアクションゲーム。コンセプトだけは惹かれるものがありますね。コンセプトだけは。

ゲーム本編以外に他のSHORT PEACE作品も収録されていますが、本レビューではゲーム作品である月極蘭子のいちばん長い日のみの評価・感想をまとめていきますのでご了承ください。

いったいターゲット層は誰なのか

このゲームをプレイしていてまず感じたのがこれ。他のSHORT PEACEシリーズとコンセプトがあまりにも違い過ぎる。他の4作品のようにメッセージ性を感じることが出来ないどころか支離滅裂なストーリー展開投げっぱなしの伏線の数々、映画を見た後の締めとしてはあまりにもお粗末すぎる内容です。

個々の演出としては光るものがありますが、それはSHORT PEACEとしてのコンセプトを潰してまで行うことだったのか、甚だ疑問です。
特徴的なのはゲームシーンの間に挟まるムービーシーンのタッチ。場面場面でアメコミタッチになったり劇画タッチになったりなどと、確かに演出としては面白いものかもしれませんが、正直滑っています。

更にこれらの演出は唐突に始まる他、この演出についてPV等から事前に知ることが出来なかったのも大問題。隠しておきたいのか売りにしたいのか全く持って分かりません。

表題である誰をターゲット層に販売しているのかという話に戻りますが、確実に言えるのはSHORT PEACEの視聴者には薦められる出来では無いということでしょう。

ゲーム面もとにかくお粗末

それではゲームとしてはどうなのか。
結論だけ申し上げますと、無料公開のFLASHゲーム以下と言っても過言ではありません。

古臭いもっさり2Dスクロールアクションハイスピードエフェクトアクションと言い張る姿勢は逆に見事です。敵の種類も極端に少なくやることはほとんど変わらず。しかも一番のキモであろう最終戦においては、この自称ハイスピードエフェクトアクションではなく、くだらないミニゲームをプレイさせられる始末。
ハイスピードエフェクトアクションと言うだけあって確かにエフェクトは綺麗かつサウンドも素晴らしいのですが結局それだけ。

ちなみにボリュームですが1時間以内に全クリ可能ですので、忙しい社会人にはありがたいですね。とは言え忙しい方はこんな作品を遊ぶくらいなら違うことに時間を使った方がマシかとも思いますが。なおこの一時間というのはムービーを含めたプレイ時間であって、ゲームを操作している時間は20分ほどになります。

プラチナトロフィーすらありません。

声優の熱演は素晴らしい

物語のキモとなるストーリーや、ゲームのキモとなるシステム以外の面は概ね良い出来です。
その中でも素晴らしかったのは声優さんの演技。

なんとこの作品のキャストは

  • 内田真礼
  • 鈴村健一

の二名だけというから驚き!まさに日本むかし話ばりの大活躍。
それでいて演技に幅があるため違和感を感じさせません。

ここは素直に絶賛したい部分です。
とは言っても声優さんのスキルが褒められるのであって、この月極蘭子のいちばん長い日が褒められる出来という訳では無いですが。

総評

たかが映像作品のオマケだし…と言う方もいるかと思いますがそれは断じて違います。
この作品が映像作品SHORT PEACEの5作目となる作品かつゲームであることは紛れもない事実ですし、現にプロモーションを見る限りゲームとして売りに来てるわけです。それが映像としてもゲームとしても駄目なこの出来なのですから、他の四作品を作り上げた著名な方々は浮かばれません。

コンセプトは素晴らしいですし、演出も今までのゲームに無かった表現方法です。
が、斬新なものが面白いものであるとは限らないということが良く分かった作品でもあります。手抜きとしか思えないゲーム部分さえどうにかなればまだ遊べるものにはなるのですが…

こんな出来にも関わらずお値段はフルプライス。
このゲームを仮に他四作品を見れるアニメと仮定したとしても、他のアニメ作品の相場より1000円は高い訳です。この月極蘭子のいちばん長い日1000円の価値があるかと聞かれれば、はっきりと無いと答えます

少なくとも今買うべきゲームではありません。値崩れが始まったころに他のSHORT PEACE作品を見るためのブルーレイディスクとして買うのが一番かと。

私自身須田氏の作品は好きですので、かなり甘い目で見てもこの評価となります。ご参考にしてください。

SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑