魔女と百騎兵 レビュー|光る部分はあるもののシステムに難有り

公開日: : 最終更新日:2014/02/03 アクションRPG , , ,

PS3専用ソフト、魔女と百騎兵のゲームレビューです。


どんなゲームなの?

魔女と百騎兵日本一ソフトウェアから発売されたアクションRPGです。

事前情報ではハクスラゲーとして話題を集めていましたが、蓋を開けてみるとハクスラ要素は案外薄いストーリー重視の作品だったのが印象的でした。

獲るのが難しいトロフィーやガッツリやり込む要素は少ないので、やり込み重視のプレイヤーにはガッカリする点はあるものの、新規タイトルとして手堅い作りとなっており、次回作を期待できる一作品です。

ダークファンタジーな舞台で繰り広げられるストーリー

日本一の作品にしては珍しくダークでシリアスなストーリーが続きます。展開もギャグ要素は少なく残虐的な演出が多々存在するため、人によっては評価が分かれる可能性も。
話の流れとしては意外なことに面白くまとまっていたのが印象的。

良くも悪くもいつものノリは健在

同社制作作品ディスガイアシリーズのようなおちゃらけた会話のノリは本作でも健在。毎度のことですがこのノリ・テンションは賛否両論あるかと思われます。

そしてこのノリは本作ではマイナス方向へと向いてしまっています。八割方滑っているギャグを見続けるのが辛いということや、プレイヤーがストーリーから置いて行かれるというのもありますが、何より会話のノリが本作の雰囲気に合っていないのが問題なのです。メリハリが無くなりせっかくの世界観に浸ることが出来ませんでした。ただしメタリカの性格はキャラクターとして良い味を出していたため、ここが残念でした。

システム面をレビュー~丁寧なチュートリアル

物語が始まるとチュートリアルが始まりますが、実に丁寧に作られています。が、丁寧過ぎてゲーム進行を阻害しているのです。話の流れが頻繁に区切られちょっとした内容の説明が一つ一つ行われますのでゲンナリ。チュートリアルにかかる時間も長すぎかなという印象。ゲームの流れはシンプルなものの、地味に覚えることは沢山ありました。

戦闘はお手軽かつ武器を組み合わせコンボを考えることが出来て楽しい。敵によっては特定の武器の使用を強いられることになりますが、どの武器にも長所短所が存在するため、使っていて苦痛になるような武器はありません。
が、これらは悪く言えば単調ということでもあります。終盤硬い敵が大量に出現するようになると戦うことが億劫に。倒すのは簡単なものの時間ばかりかかるのが厄介。

要素の詰め込みすぎでごちゃごちゃに

目を引く面白いシステムもたくさんあるのですが、それ以上にこれは必要だったのか、と思える要素の存在が気になりました。単体では面白そうなシステムも他の要素と合わさることでプレイヤーの枷になってしまっていたり等、もう少しシェイプアップは出来そうに思えます。

拠点でしか行えないファセットの変更や、装備画面、邪魔なスタミナゲージ等、UIはお世辞にも精練されているとは言えません。戦闘中はとにかくごちゃごちゃして見辛くストレスを感じました。

ギガカロリーシステムと相反するマップデザイン

このゲームではカロリーと呼ばれるシステムが存在し、行動可能時間に制限がついています。残量を意識しながらゲームを進めなければならないというものなのですが、ここで厄介なのがマップのデザイン。無駄に広く面倒な造りになっているのです。さらにはマップ踏破度が数値として残るため、これを全て100%にするのはなかなかの苦痛。敵との戦闘も極力避けた方が楽に進めるのもなんだかなぁと。
ヤプトラーカ渓谷以降どんどんマップは複雑になっていきます。

このシステムが悪いとは言いませんが、どうしても面倒臭さが上回ってしまうのは問題。宝箱を回収することによるメリットも少ないため、踏破率を上げるメリットもありません。

異様に低いドロップ率

ハクスラゲーとするならばこれは致命的。とにかく集める楽しさが少ないです。
また武器には成長要素があり、使い込めば使い込むだけ強くなるというシステムも、次々と装備を変えていくことになるハクスラゲーとは相反するシステム。

2Dと3Dでのクオリティ差が

キャラクターを担当されたのはディスガイアシリーズでもお馴染み原田たけひと氏。人を選ぶ絵柄ではあるものの、そのクオリティはやはり流石です。ハードがPS3ということもあり、粗なくクッキリと表示されています。

一方気になったのは3Dグラフィック。PS3発売当初レベルのグラフィックレベルなのは良いにしても見辛いの致命的。プレイしている内に慣れてはきたものの輪郭がボヤけていたりするのがかなり気になりました。マップのオブジェクトによってキャラクターが隠れてしまうのはアクションゲームとしていかがなものかと。
そしてこのグラフィックの割に何故か長いロード時間がイライラさせてくれます。

総評

元々システム面に期待しての購入でしたが、まさかのストーリーを楽しむことが出来たのは嬉しい誤算。ストーリーはそこまで長くはないものの、展開が一転二転しますのでなるべく最後までプレイして欲しいです。
アップデートによってカジュアルモードが追加されましたが、これからプレイするとは必ずこのモードで始めるべきです。いわゆるイージーモードではなく、快適にプレイできるようにリチューンされたモードだとお考えください。通常モードであきらめてしまった方は、是非このモードでストーリーを追いかけてみてください。

そしてハクスラゲーを期待して購入を悩んでいるのであれば買わない方が良いでしょう。キャラクターの強化、強力な装備の収集といった要素は控えめで目玉となるものではありません。

酷評しましたが決して光る部分が無い訳ではありません。お粗末すぎる出来という訳ではなく、無駄にあれもこれも積み込みすぎて良い部分が隠れてしまっているといった印象を受けました。

魔女と百騎兵 (通常版)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑