GRAVITY DAZE レビュー|Vitaを買ったらまずこれを買うべし

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 アクション , ,

Vita専用ゲーム、GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動のゲームレビューです。


どんなゲームなの?

Vitaと同時に発売された本作品は、オープンワールドのマップを舞台としたアクションゲームです。プレイヤーは重力を操ることが出来る少女、キトゥンを操作し、街の便利屋をこなしながら謎の敵に奪われた街の区画や自分の記憶を取り戻すために奮闘します。

特筆すべきはVitaのジャイロ機能を上手いこと取り入れた重力操作。上へ下へと自由に重力の向きを変えて空を飛ぶのがとにかく楽しい!!この操作が比較的難しいのですが、繰り返し操作をして上達していくというアクションゲームならではの楽しさが。
キャラクターの成長要素もあり、攻撃力や重力操作による滞空時間を増やすことが出来ますので、ゲーム初心者も問題なくクリアすることが可能な難易度です。

Vitaを持っているのなら買わなければ損!!と言い切れる作品です。

空中都市ヘキサヴィルを探索

物語の舞台となる空中都市ヘキサヴィルは区画ごとに様々な顔を見せます。幻想的でいて文明的な独特の風景を観光するだけでも面白い。
街のあちこちにはキトゥンの能力を強化するために必要なプレシャスジェムと呼ばれるアイテムや、ミニゲーム感覚で遊べるチャレンジミッション等の要素も隠されているため、散策がそのままゲームに繋がるデザインはGOOD。この手の作品にありがちな無駄に広いだけのコピペマップではありません。
しかしながら建物内には入ることが出来ず、イベント以外で街の住人達とも会話をすることは出来ません。屋内での重力アクションを楽しむ機会が無いのは少し残念。

デジタルコミック風なストーリー

ストーリーはバンドデシネ形式、いわゆるデジタルコミック風演出で進行します。
漫画感覚で読み進めることが出来るためテンポは良いものの、うっかり読み飛ばしてしまうことも。バックログを見ることが出来ない為、注意が必要です。漫画とは違い演出も入るのはデジタルコミックならでは。
一度見たストーリーを再度見るためにはもう一度初めからゲームをプレイしなければいけないので、シーンごとにセーブデータを残しておきましょう。
キャラクターの声優は日本人が担当しているものの、キャラクター達が話す言語はこのゲーム独自の言語で独特な世界観構成に一役買ってます。是非一聴ください。

一つのストーリーに15分程度で終わる短いものから、ボス戦含む1時間越えの長いものまで様々。
本編シナリオクリアまでおおよそ20時間程でしょうか。街の様々な場所で挑戦することが出来るレースや戦闘等の寄り道要素を含めると倍以上はかかるため、ボリュームとしては多からず少なからずと言ったところ。

本作品を気に入った方は、有料にはなってしまいますが、ダウンロードコンテンツを購入することで新しい衣装や物語を楽しむことが出来ます。

やり込み要素のチャレンジミッションとその欠点

街のあちこちで挑戦できるチャレンジミッションでは目標タイムが定められており、既定のタイム以内、または一定ポイント以上のスコアを獲得することで評価としてブロンズ、シルバー、ゴールドランクを獲得できます。この時に打ち出した記録は全世界共通のランキングに掲載され、世界のプレイヤーと競うことが出来ます。
これは自信がある!!と思った記録も上には数千人の記録保持者がいたりなど、つい熱くなってしまうことも。

チャレンジミッションで設定されているゴールドランクの規定タイム、既定スコアがとにかく絶妙。
一見取れ無さそうなものの、何度か繰り返している内には手が届くギリギリのラインで設定されています。プレイヤースキルが上達しているのが目に見えるのは嬉しくなりますね。
本ゲームの難関である重力スライドというアクションもゲームクリア時にはかなりの腕前になりました。

やり込みたい方、プラチナトロフィーを目指している方はこのチャレンジを何度もリトライすることになるのですが、ここで邪魔になるのがミッション毎発生するロード時間。ロードは十数秒と、お世辞にも短いとは言えません。しかもそれを何度も繰り返すことになるのですから、なかなかしんどいものがあります。

面白い作品であるからこそやり込みたい、やり込みたいのにロード時間が邪魔をするという悲しいことに。

開発者から感じられるゲーム愛

ゲーム本編とは関係ありませんが、これは一番大事なことだと思います。開発スタッフが心の底から楽しくプレイしているゲームが今のこのゲーム業界にどれ程あるのでしょうか!開発者が楽しめないゲームは誰が楽しめるでしょうか!

スタッフが、先述したチャレンジミッションのランキングで高記録を叩き出し、ユーザーに挑戦を求めているのを見て私は購入を決意しました。

総評

最初にも述べたように、Vitaを持っているのなら必ず買え!と断言します。
そこまで美麗なグラフィックでも無いし、大ボリュームと言える作品でもありません。手放しで神ゲーと呼べる作品でもありません。
しかし、あの重力操作による浮遊感覚やVitaの性能を活かしたシステムは一度触る価値があります。空中都市ヘキサヴィルを自由散策し独特の雰囲気を楽しめるのはこのGRAVITY DAZEだけ。今までに無かった操作感を楽しめます。
国産の箱庭ゲーム、雰囲気ゲームとしてはかなり高水準です。

まだまだゲーム業界も捨てたものではないと心から感じさせてくれる一本でした。

GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動 PlayStation Vita the Best

Comment

  1. […] い期間でしたが、とても楽しませていただきました。続編が今から待ち遠しい。 本作のレビューをまとめましたので未プレイの方、興味を持った方は購入前に是非参考にしてください。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑