地球防衛軍4 レビュー|新たな職追加で爽快感も倍々!!処理落ちさえ無ければ…

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 アクション , ,

PS3,XBOX360専用ゲーム、地球防衛軍4のゲームレビューです。


どんなゲームなの?

7月4日に発売されたこの地球防衛軍4は、地球に侵略してきた宇宙からの外敵や巨大生物を豊富な武器で迎え撃つアクションゲームです。
英字の頭文字を取りEDFとも呼ばれているこのゲームはもともとはSIMPLEシリーズだったことを覚えている人も多いでしょう。

様々な種類の武装を駆使し、大アリや大蜘蛛相手に無双する爽快感のあるゲーム性は変わらずに、新たに二つの兵種が追加されました。

以前から登場していた陸戦兵レンジャーや、空中を高機動で翔けるウイングダイバー(旧作ではペイルウイングという名称でした。)に加えて、フェンサーとエアレイダーの二職が追加されアクションに幅が広がりました。

地球防衛軍4で新たに追加された様々な乗り物の操作を得意とする空爆誘導兵、エアレイダーの画像

エアレイダーは空爆を要請するほか、他の仲間も乗ることが出来る戦車や輸送車等の乗り物を呼び出すことも可能。

最高4つまでの装備が可能で、重装兵器を使って大暴れするフェンサーも、様々な乗り物を呼び出せる他、空爆を要請したりまで出来るエアレイダーは、職ごとのコンセプトは違うもののどちらも、使っていて楽しいクラスです。
基本的に今までの焼き増しである既存職二つと違い、本作の新職は装備も新しい物であるため、新規装備入手がとにかく嬉しい。
立ち回りも大きく変化しますので、過去作品のプレイヤーにはまず最初に触ってもらいたいです。

地球防衛軍4で新たに追加された重装備の二刀装甲兵、フェンサーの画像

パワーフレームに身を包んだフェンサー。最高4つまでの装備を切り替えながら戦う。

武器数は数百種類にもおよび、本作登場の武器数はシリーズでも一番!!
アイテムコレクターにはたまらない数です。

また、これまでのシリーズから体力成長が職ごとに調整が入り、ウイングダイバーの体力が大幅に減少したため、これまでのように単騎無双がし辛くなったのは良調整です。

世界中の隊員とオンラインで協力プレイ

前作から搭載されたオンラインプレイ機能が、好評につき本作にも搭載されています。

ルーム作成から友達招待までをメニュー選択で簡単操作することが可能ですので、遊びたいときにはすぐにプレイすることが出来るようになっています。

最高4人までと同時プレイが可能で、簡易チャットも充実しているので戦闘中のコミュニケーションも驚くほど簡単。
友人同士だけでなく野良プレイでも問題なく意思疎通が可能です。

地球防衛軍4でミッション中選ぶことが出来るテキストチャットの一例画像

とにかく豊富なテキストチャット。十字キーから簡単に選ぶことが出来るのもポイント。

気になるボリュームも文句なし

兵種4、難易度5段階、そしてステージはなんと94個もの数が用意されているため、2000を超えるパターンのミッションを楽しむことが出来ます。
但し見かけ上の数は大きい物の、出現する敵が違うだけで同じ場所が舞台となっているミッションが多数存在しているため、水増し感はどうしても感じてしまいます。
敵の種類自体もほとんど前作と変わらない為、過去作品プレイヤーはマンネリ感を受けてしまうかも。

地球防衛軍4で初登場となる超巨大蜘蛛型生物の画像

本作で初登場となる超巨大蜘蛛型生物。女王蟻以上のインパクト。

難易度ごとに武装に制限が

本作のオンラインプレイはミッションごとに体力制限、武器レベル制限が付きました。
簡単なミッションでは体力上限も低くなり強力な武器も使用不可に、とミッションの難易度によって上限が変化します。

初心者部屋に上級者が乱入し荒らさない為の対策ではあるとは思うのですが、これは強制する必要は無かったように思えます。
強力な武器を持って行き簡単なミッションで無双するのも楽しみ方の一つです。
とは言えゲームが進行すればレベル制限の任意設定可能になるのですが。

そして、上記仕様により頻繁に装備を付け替えることになるのですが、武器のお気に入り登録などの便利な機能は存在しません。
そのため、ミッションが変わるたび使いにくい装備画面からいちいち武装を選ぶことになってしまうためとても不便です。

それではいつになればレベル制限が解除されるのか

地球防衛軍4をやり込んでいき、パーセントで表示されているゲーム進行度が70%を超えたときに制限解除されます。
ではその70%を目指すにはどれだけのプレイを重ねれば良いのか。

このゲームには4つの兵科と5つの難易度、そして94個のステージがあります。
つまり全ステージ数は単純計算で1880ステージ。
その中から70%なので、1316ステージのクリアが必須となります。
1ステージにかかる時間を5分としても200時間ほどのプレイ時間が必要になります。

地獄のロード時間、そして処理落ち

作中最大の敵は長いロード時間、酷い処理落ち、フリーズです。

PS3版ではインストールに対応しておらず、1分以上のロード待ちが発生することも。
プレイしていくうちにデータがキャッシュされ、ロード時間は縮んでいくもののそれでも10秒前後は必要です。

いざミッションが始まってもそこに待っているのは酷い処理落ち。
前々作のようにゲームにならないレベルでは無いにしろ、割と快適だった前作と比べると雲泥の差。
それほど美麗なグラフィックで無いのにも関わらずこの処理落ちはアクションゲームとしてかなりの致命的要素です。

そして極めつけはフリーズです。
特にオンラインプレイの際によく発生し、画面がブラックアウトしたかと思うと一切の操作を受け付けなくなり、本体の電源を強制的に消す以外の方法が無くなります。

爽快感重視のゲームデザインに相反するこれらの要素は大きなマイナスポイント。
気持ち良くプレイすることが出来ないのは何よりも残念。

総評

確かに面白い。
面白いのですが、それを台無しにするユーザビリティの悪さ。
開発の技術力の無さを感じてしまいます。

正直に言うとフルプライスで購入する価値は無いと思います。
しかし本作の醍醐味はやはりマルチプレイ。
野良プレイをするのであれば、人数が多い今が勝負ですのでなるべく早くの購入をお勧めします。
逆に言うと身内同士でのプレイ予定の方は過疎化しても問題ないため、ある程度安くなるまで待つのも手かもしれません。

ロード時間を許容できるかどうかで作品の評価が大きく分かれそうですね。
どうしても最新作を遊びたいのでなければ、前作のVita版地球防衛軍3Portableの購入をおすすめします。

地球防衛軍4
地球防衛軍4 Xbox LIVE 3ヶ月ゴールドメンバーシップ同梱版 (初回封入特典 DLC搭乗兵器 同梱)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑